会社概要  お問い合せ  遊彩楽天店 遊彩トップ■ 

日本の伝統技術の中に「粋」を取り入れあくまでも手作業にこだわりならが、

現代の生活空間の「和」「洋」を問わない のれん・タペストリー達

これがKERA工房のコンセプトです。


工芸作家 解良 泰生
1951   京都に生まれる
1969   染色作家・皆川泰蔵先生師事
1970   日展初入選(以後毎回入選
      京展初入選・京都工芸美術展初入選
1971   日本現代工芸美術展初入選(以後毎回入選)
1976〜9 デザイン指導の為アフリカ滞在
1981   日本現代工芸美術家協会会員
1982   KERA工房主宰
1983   関西女子美術短期大学講師
      現在 無所属

KERA工房室内 KERA工房室内
解良 泰生 KERA工房外観
* 工房見学はお断りしていますので、ご了承下さい
作 品 紹 介(のれん タペストリー)
麻のれん 縦枠エスニック
KERA工房の作品には、のれん・タペストリーを問わず殆どの作品に、この5色の彩色が施されています。
この作品は通常使用する麻生地ではなく、当店のオリジナルにて製作致しました、大胆ながらも清涼感の溢れる作品です。


タペストリー 色即是空
通常使用する麻生地は手織り太糸麻と呼ぶ、この手織り麻生地にて製作されています。
KERA工房が作品のモチーフに使用するのは、文字・月・渦・線・丸などですが、この作品はその中でも、解良泰生の技と感性をふんだんに取り入れた作品となっています。
他の作品をご覧になりたい方はコチラをクリックして下さい
のれん タペストリー遊彩 〒606-0024 京都市左京区岩倉花園町337−1
TEL(075)701-3739 FAX(075)701−3757
 E-mail:yusai@fu-ga.com
Copyright (C) 2004- 2007京都 遊彩 All Rights Reserved